​付帯部塗装について

20201026 _1_210128_0.jpg

付帯(ふたい)とは、外壁の外側に付属している家のパーツのことです。

屋根と外壁以外はすべて付帯部と言います。

20201013_210128_1.jpg
20201026_210128_2.jpg
20201026 _1_210128_1.jpg

 

軒天 (のきてん)

住宅の外壁面、窓の外構面から屋根が飛び出している天井部分の裏側)

破風板 (はふいた)

(屋根の側面に取り付けられている板)

雨樋 (あまどい)

(雨水を集めて排水させる筒状の建材)

庇 (ひさし)

(外壁の窓や出入り口などのすぐ上についている小さな屋根)

配管などのことを指します。

付帯部分は劣化すると色が褪せて美観が損なわれてしまうだけではなく、付帯部の本来の性能が発揮できません。そして付帯部の劣化は家の安全性にも大きく影響します。

付帯部塗装は外壁の塗装と同時に行います。そうすることにより、足場代・人件費などが少なります。

わずかでも気になる所がありましたら、何でもご相談ください。