防水工事について

20201015_210128_2.jpg

建物の中へ漏水を防ぐという目的で、ベランダやバルコニーや屋上などに施工する工事のことです。

ベランダやバルコニーの床は、防水層(屋上に溜まった雨水が建物内に浸水するのを防ぐもの)の上から塗装をされていることが多いのですが、防水層を塗料でコーティングすることで、防水層が雨や紫外線のダメージを受けにくくなる効果があります。

防水工事をしないとどうなるのか

防水が不十分で家の内部に雨水などの水が入ってくると

雨漏りで木部が腐食してしまったり、

カビや菌が発生してしまいます。

バルコニー床 防水_200626_0004.jpg
ベランダ防水 中塗り 作業中_201117_5.jpg
20201015 _1_210128_0.jpg

 

日本の住宅は、木材を使用していることがほとんどです。

外壁や屋根の内部に水気が入り、骨組みの木が水で腐食して弱ると、耐震性や耐久性が下がります。そして湿った木はシロアリの大好物なので、シロアリが発生するリスクも出てきます。