​外壁塗装について

o1478110814741519497.jpg

外壁の塗り替えは家の延命

劣化防止に繋がります

外壁も私たち人間と同じなのです

外壁や屋根に塗られている塗料は、私たち人間と同じで、

シミ・しわ・くすみなど太陽光(紫外線)による肌トラブルのように、時間が経つと、防水性能が低下し、ひび割れ・剥離・変色などのトラブルが起きてしまいます。

外壁シミ.png

チョーキング現象

​水垢(汚れ)

​ひび割れ(クラック)

湿気を帯びることが増え、

雨漏りの原因にもなり、

柱や土台の劣化にも繋がります。

外壁 雨漏り.png

防水性能が低下するとどうなるのか

こういったトラブルを起こさせないために、塗料がもつ塗膜で建物を保護することが重要となります。

塗料は紫外線・雨水・熱といった建物の劣化速度を速めるものから家を守る働きがあります。

外壁塗装は、紫外線・雨水・熱等の外的刺激に対しての

バリア機能を持っているということです。

新築時の家の輝きを取り戻す、これまでと違う色で塗り替え、イメージチェンジをして自分の家をもっと好きになる、これも外壁の塗り替えの大きなメリットです。

また定期的に塗り替えを行えば、劣化を抑え資産価値の低下を防ぐこともできます。
 

もちろん外観の美しさも大切です。

海津市_190821_0046.jpg